ご冥福をお祈りいたします/koji
書評サイトで見かけて気になり、ワイド版から入りました。
最初は古い絵だなあなんてまとめて10巻まで買ったことを後悔していましたが、4巻目に入る頃には夢中になっており、夜を明かした次の日には既刊全てを買いに走ったことを思い出します。

みなもと先生と同い年の父にも薦めたところ、すぐにはまり込んでしまい、新刊はまだかと催促されるようになりました。父と風雲児談義をしたり、鹿児島まで薩摩藩の史跡を見に出かけたり、地元の高山彦九郎の足跡に驚いてみたり、そういったきっかけにもなった本でした。

先生、ありがとうございました。
安らかにお休みください。
No.131 2021/08/21(Sat) 16:20
お名前
お名前が入力されていません。
タイトル:
MAIL:
URL:
メッセージ:
メッセージが入力されていません。
文字色: # # # # # #
アイコン: [サンプル画像]
削除キー: クッキー: