無念。そして御礼/TETSUMAKOTO
みなもと先生にしか龍馬の真実は描き現せないとずっと思っておった私にとって、この事実は受け入れ難く、本当に無念でなりません。今の異常事態にこそ、先生に時代を切り裂いていただきたかった、不肖のファンでありました。先生に頂いた幾冊ものサイン本を抱きしめながら、先生が龍馬を軸に世に問い続けておられた、日本人が抱える永遠の宿命と、それを克服するために日本人が身に付けるべき、人間が人間らしく生きるために必要な心意気を体現できる自分であり続けます。ご冥福をお祈りいたします。どうか安らかにお休みください。本当にありがとうございました。
No.96 2021/08/20(Fri) 6:06 mail
お名前
お名前が入力されていません。
タイトル:
MAIL:
URL:
メッセージ:
メッセージが入力されていません。
文字色: # # # # # #
アイコン: [サンプル画像]
削除キー: クッキー: